社会問題のアレコレを分かりやすく解説しています。

介護保険によるサービス

寝たきりの親をかかえたとき、どんな公的援助が受けれるでしょうか。
親などが寝たきりになったときの公的援助としては、介護保険によるサービスと自治体が独自に行う福祉サービスがあります。
介護保険によるサービスとは、市町村が行政処分として福祉サービスを提供する「措置」からサービス提供者との「契約」へという社会福祉基礎構造改革の一環として、2000年4月1日に介護保険法が施行されました。
その後2005年に改正された介護保険法により、現在のサービス体系は、要介護者に対する居宅サービス(訪問介護、訪問入浴介護など12種類)地域密着型サービス(夜間対応型訪問介護など6種類)および施設サービス(介護老人福祉施設など3種類)の「介護給付」と、要支援者に対する「予防給付」が受けられることになっています。
介護保険を利用する場合は、まず要介護認定を受ける必要があります。
介護保険によるサービス以外でも、各自治体が独自に行っている福祉サービスがあります。
たとえば、寝たきりの高齢者の理髪、美容サービス、寝具選択サービス、訪問歯科診療、紙おむつなど介護用品の支給、寝たきり高齢者の介護をしている家族への介護手当や家族介護慰労金の支給などです。
これらのサービスの利用が必要になった場合、まず「地域包括センター」(介護保険法にもとづき設置された機関で、介護予防のケアマネージメント、高齢者や家族への総合的な相談と支援、虐待防止などの権利擁護事業、包括的、継続的ケアマネージメントの支援などを行う)や、市区町村の高齢者福祉課、福祉事務所の高齢介護課などの窓口に相談するとよいでしょう。
また各市区町村の社会福祉協議会などでも、これらの相談を受け付けています。
介護サービスを受けるには、本人や家族などが市区町村に申請します。
申請後に訪問調査があり、また主治医の意見書を提出します。
市町村は、それらの資料をもとに、要支援、要介護認定をします。
そのランクにより、受けられる保険サービスの内容が異なります。